2009年4月1日水曜日

それに駅売店の美人のおねいさん 1

新年度、エープリル・フールズ・デイ。春分が 4/1 と微妙にずれているのはシーザーが悪いのかグレゴリオのせいか? ん、冬至が 1/1 とずれたと言うべきか? 人は冬至と春分、どちらを先に特別視して祝いだしたのだろう? 冬至を春の始まりとまで考えるのはいささか人為が過ぎる気がするが。

* * *

歩いて 3 分の距離にスーパー 2、コンビニ 3、ファストフード 3、本屋 2、その他茶店・食堂など多数、古いレンズを置いたカメラ屋と古本屋まである。 駅前の甘やかされ具合はどうだ。

その他の数字、たばこ 14、コーヒー 4、未整理ダンボール約 30、クレマチス 1、図書館から文庫本 1。

* * *

引越してから、妙に古いアスロン XP マシン『林檎』の調子が良い。 このまま東京の夏の猛暑も乗り切れるといいな。 俺が乗り切れるかな? 勢いに乗って FreeBSD を 7.1 にアップグレード。 ポートも更新。 しばし放っておいたので xorg の 7.4 へのアップグレードと gnome の 2.24 へのアップグレードのダブル・パンチ。 /usr/ports/UPDATING 20090114 の pkgdb の修正は必須。 コンパイルで大きなエラーはないみたい。 anjuta-2.24.2 のエラー

class-inherit.c: In function 'cls_inherit_draw_graph':
class-inherit.c:760: warning: implicit declaration of function 'ND_coord_i'
class-inherit.c:760: warning: nested extern declaration of 'ND_coord_i'
class-inherit.c:760: error: incompatible types in assignment

については、後のヴァージョンのものだけどこの辺のパッチを元に修正すると効くよう。https://mailman.research.att.com/pipermail/graphviz-devel/2009/000936.html

--- plugins/class-inheritance/class-inherit.c.orig 2008-10-20 00:35:30.000000000 +0900
+++ plugins/class-inheritance/class-inherit.c 2009-04-01 00:26:37.000000000 +0900
@@ -448,7 +448,7 @@
  */
 static void
 cls_inherit_draw_expanded_node (AnjutaClassInheritance *plugin, Agnode_t *node, 
-     point* node_pos, gdouble node_width, gdouble node_height) {
+     pointf* node_pos, gdouble node_width, gdouble node_height) {
  GnomeCanvasItem *item;
  NodeData *node_data;
  NodeExpansionStatus *node_status;
@@ -647,7 +647,7 @@
 
 static void
 cls_inherit_draw_single_node (AnjutaClassInheritance *plugin, Agnode_t *node, 
-     point *node_pos, gdouble node_width, gdouble node_height) {
+     pointf *node_pos, gdouble node_width, gdouble node_height) {
  NodeData *node_data;
  GnomeCanvasItem *item;
  gdouble text_width_value;
@@ -754,10 +754,10 @@
  {
   gdouble node_width;
   gdouble node_height;
-  point node_pos;
+  pointf node_pos;
   
   /* get some infos from the node */
-  node_pos = ND_coord_i(node);
+  node_pos = ND_coord(node);
   node_width = ND_width (node);
   node_height = ND_height (node);
--- plugins/profiler/gprof-function-call-chart-view.c.orig 2008-10-20 00:35:26.000000000 +0900
+++ plugins/profiler/gprof-function-call-chart-view.c 2009-04-01 00:36:49.000000000 +0900
@@ -250,7 +250,7 @@
 
 static void
 gprof_function_call_chart_view_draw_node (GProfFunctionCallChartView *self,
-            Agnode_t *node, point *node_pos,
+            Agnode_t *node, pointf *node_pos,
             gdouble node_width, 
             gdouble node_height)
 {
@@ -333,7 +333,7 @@
 
 static void
 gprof_function_call_chart_view_draw_edge (GProfFunctionCallChartView *self,
-            Agedge_t *edge, point *node_pos,
+            Agedge_t *edge, pointf *node_pos,
             gdouble node_height)
 {
  GnomeCanvasItem *item;
@@ -529,7 +529,7 @@
  GProfFunctionCallChartView *self;
  Agedge_t *current_edge;
  Agraph_t *current_graph;
- point node_pos;
+ pointf node_pos;
  gdouble node_width;
  gdouble node_height;
  
@@ -541,7 +541,7 @@
   
   if (self->priv->current_node)
   {
-   node_pos = ND_coord_i (self->priv->current_node);
+   node_pos = ND_coord (self->priv->current_node);
    node_pos.y += self->priv->y_offset;
    node_width = ND_width (self->priv->current_node);
    node_height = ND_height (self->priv->current_node);

X の入力デバイスが hal を介するようになったことでいろいろ参考に設定変更。 春木屋 - Xorg7.4のキーボード設定をkwsk で kwsk 解説されている。 xorg.conf で Xkb に伝えていた情報は /usr/local/etc/hal/fdi/policy/ 以下で設定。 /usr/local/share/hal/fdi/policy/10osvender/10-x11-input.fdi, freedesktop.org: xorg/xserver root/config/x11-input.fdi あたりを参考に。 『林檎』では /etc/local/hal:fdi:policy:10-x11-input.fdi にリンク。

X を起動してみると、やっぱり面倒が発生。 キー入力が変。 キーマップがちょっとばかり変というレベルではなくて、例えば 1 を押したら延々と n が出てくるという珍妙なレベル…。